聞こえない

から面白い。

 音から文章にしているので、録音状態によっては聞こえにくく、成立しない文になってしまうことがある。こんなときに味方になってくれるのが、ネット上の検索エンジン。聞こえる単語を頼りに、あの手この手でキーワードを組み合わせて調べる。これじゃないかと予測するのも大事。たぶんこうでは・・・と推測で検索語を入れて、ばっちりの答えが得られると、気分もすっきり。

 聞き取りにくい音声を検索で補うときには、話している内容を理解しようと努力することも肝心。話のテーマに沿ったキーワードで、必要な情報をたぐり寄せる。そんな感じの作業が日々続きますが、結構楽しかったりもする。それで、この仕事が辞められないのかも。